じょうぶな赤ちゃんのため、歯周病を治そう

もしあなたが妊娠中なら、歯科医院でのクリーニングを強くお勧めします。

危険率

妊娠中に酒をやるより、歯がきたない方があぶないのです。


歯周病と早産の関係

妊娠によって、女性ホルモン(プロゲステロン・エストロゲン)の濃度が高くなります。これらは歯肉中にも増加します。

歯周病菌のPi菌は女好きでなくて、女性ホルモン好き

そんな彼らに「遠慮せずにどんどん食え!」「じゃあゴチになります」てな具合に食餌を供給されますから、増えるなという方が無理な話。通常の5倍にふくれあがります。

一方プロゲストロンは血管系に作用して炎症反応が強く出る働きをします。これはわずかな刺激にもすぐ反応するという事。そこにPi菌の大軍団つまり、歯垢べったり状態。歯周病にならない方が不思議なくらいです。

通常出産は羊水中のプロスタグランジン量が一定のレベルになった時に起こりますが、Pi菌の影響で、羊水中のプロスタグランジンの量が増加することによって、子宮が収縮し、早産を引き起こします。

妊娠中のお口の健康管理は最重要課題です。

医院案内

・JR横浜線 新横浜駅 徒歩5分
・横浜市営地下鉄 新横浜駅徒歩2分
港北区セントラル歯科マップ
横浜市港北区新横浜2-4-15 太田興産ビル新横浜B1
TEL:045-471-0648

診療時間

日祝

受付 10:00~12:30/15:00~18:00
(土曜日 ~17:30)

リンク集