顎関節症に悩んでいませんか?

顎関節症に悩んでいませんか?効果的な治療が可能です!

顎関節症とは?

顎関節症の三大症状を次に示します。

その他に伴う症状として頭痛、肩こり、手のしびれ、難聴、めまいなどがあります。
現在の日本において、顎関節症は珍しい病気ではなくなってきています。みなさんのなかにも、それを患っている人はかなり居られるのではないでしょうか? そして自分ではそれと気づかず、予備軍となっている人もかなりの確率でいらっしゃる筈です。
上記の事はそれなりの根拠があって書いています.何故か?顎関節症の主な原因は二つあるからです。一つはストレスで、もう一つは咬合(噛み合わせ)です。それでは順に簡単に説明します。

まずストレスですが、その原因になる物をストレッサーと言います。ストレッサーには大きく次の四つに分類出来ます。

これらの中で心理的ストレッサーが関係しています。人は夜間睡眠中に昼間のストレスを解消しています。ではどうやって? そう、「くいしばり」や、「歯ぎしり」です。ですからそれらを辞めさせる事は出来ないし、無理に辞めさせるのは、ストレス発散が出来ない事につながり、返って良くないのです。
次に咬合ですが、日本人の八割は歯並びが悪く、正しい咬合が出来てないというデータを京都大学・再生医科学研究所堤教授が示しています。

人は起きている間に食事その他で噛みしめている時間は、一日10分かそこらです。それだけです。「意外と少ないな」と感じられた方も多いと思います。併し就寝中ははるかに長時間噛みしめたり、歯ぎしりをしているのです。これは心理的ストレッサーによるストレスを解消するためです。この時噛み合せが良い人は、歯のすり減りや歯が欠けるという心配はありますが、顎関節症の心配は基本的にありません。でも歯並びが悪く、それが顎関節に負荷をかける様な噛み合せの場合は、前述の問題に加えて顎関節症の発症のリスクが高まります。その様な噛み合せの持ち主でも、噛みしめなければ顎関節症にならないと考えられますが、日常ストレッサーに曝されている私達にそれは望めません。

 

 

ではどうやってその位置を見つけだすのか?これは私の師匠である諏訪先生が、顎運動の探求と長年の臨床をとおし検証してきた方法を用います。ただの民間療法ではなく、幾何学・物理学、そして解剖学を応用した科学的根拠に基づく診査・診断を踏んだ治療法です。
この治療法には氏が考案した咬合器(噛み合せを再現する医療機器)が必須です。多くの努力を傾注して完成したそれは、日本とアメリカで特許を取得しております。この咬合器と顎関節に無理のない位置を探しだして(これにはスウェーデンの学者ポッセルトの顎運動の解析が不可欠)、顎関節症の治療を行ないます。

 


顎関節症の診査には多くの噛み合せの情報が必要。 


その噛み合せの記録で歯型を咬合器(噛み合せを再現する医療機器)に取付ける。


マウスピース


マウスピース装着例

医院案内

・JR横浜線 新横浜駅 徒歩5分
・横浜市営地下鉄 新横浜駅徒歩2分
港北区セントラル歯科マップ
横浜市港北区新横浜2-4-15 太田興産ビル新横浜B1
TEL:045-471-0648

診療時間

日祝

受付 10:00~12:30/15:00~18:00
(土曜日 ~17:30)

リンク集