パイロットデンチャーの装着手順

パイロットデンチャーシステムとは…

いきなり入れ歯を作成するのではなく、まず治療用義歯を作製し、それを使用しながら噛み合わせ・歯肉を整え、生体に調和した最終的な義歯を作製します。人間の自然なかみ合わせを考えると、基本的に、上下いずれか片方のみの作製はあり得ず、上下同時に作製することが必要です。

治療用義歯を用いて本義歯の形態を導くことから、パイロット(水先案内人)デンチャーシステムと呼ばれています。

治療にかかる期間

治療用義歯の型取りから本義歯装着までにかかる治療期間は、3~6ヶ月程度です。

装着までの治療の手順

1.抜歯

保存が難しい歯は抜歯を行います。抜いた後、抜いた歯の部分はとりあえず人工歯を、前に使っていた入れ歯に継ぎ足します。その状態で歯肉の盛り上がりを待ちます。(4ヶ月くらい)

2.治療用義歯の型取り、咬合採取、試適

治療用義歯は、新しい義歯を製作するにあたり、お口の環境を整え、正しい顎運動・歯肉の形態を義歯に取り入れることを目的としたものです。古い義歯による弊害、悪習慣を取り除きます。いわばお口のリハビリ治療と言えます。作成には最低4回の段階が必要です。

3.治療用義歯の装着

装着時と装着後、実際に使用していただいた上で、随時調整を行います。

パイロットデンチャー 治療用義歯装着

4.治療用義歯の調整

治療用義歯を実際に使っていただき、順次専用の調整材料を利用して、お口の形態及び顎運動を義歯の形に写しとります。従って、お口の中の粘膜面への最良のフィットが得られるようになります。

パイロットデンチャー 治療用義歯の調整

5.本義歯の型取り

いよいよ本義歯の型取りを行います。

3ヶ月間実際に使用していただいた治療用義歯を雛型にして、それを元に本義歯の型取りを行います。本義歯を作成している間、治療用義歯は技工所に預けます。その間以前使用していた義歯があれば、それを使っていただきます(もしなければコピー義歯をもう一つ作り、それを使っていただきます。)

6.本義歯の装着

技工所で作成した本義歯を装着します。

実際に数ヶ月使っていた治療用義歯を雛型にしているので、ほとんど調整なしでフィットする使用観が得られます。必要があれば微調整を行います。

パイロットデンチャー 本義歯装着後

7.オプション

・必要に応じて、粘膜にあたる部分を金属に置き換えることができます。(コバルトクロムやチタンを用います。)

・就寝用の義歯(上下)も作成いたします。(顎関節を守るメリットがあります。歯肉を休めるために、本義歯よりゆるく作製してあります。)

医院案内

・JR横浜線 新横浜駅 徒歩5分
・横浜市営地下鉄 新横浜駅徒歩2分
港北区セントラル歯科マップ
横浜市港北区新横浜2-4-15 太田興産ビル新横浜B1
TEL:045-471-0648

診療時間

日祝

受付 10:00~12:30/15:00~18:00
(土曜日 ~17:30)

リンク集