歯を抜くことになったら

歯を抜くことになったら…    補うことができるのは

①義歯(入れ歯) 

p.d p.d mae
奥歯 前後の歯に鈎をかけて固定 前歯 鈎を見えない場所に設定も可

②ブリッジ   

brihgi brigi2

失った歯を前後の歯で橋渡しをして

噛めるようにする

 失った部分は上部にポンティックがのる

③インプラント   

inplant e inplant e2

人口歯根(チタン)を埋め込み

上部構造をはめる(または合着)

ある程度の骨の厚みが

必要


治療の種類

利   点

欠   点

保険適応

 義歯

(入れ歯)

仕上がりまでの時間が比較的短い

とりはずし式なので残存歯の清掃性は良い

選択肢が多い

食後に、はずして清掃が必要

一番奥の歯の場合は浮き上がりやすい

審美的に劣る場合がある

適応可

(かなり制約あり)


ブリッジ

固定式なので、合着してしまえば安定して噛める

前後の歯で欠損部位を補うために支える歯に負担がかかる

歯間ブラシによる清掃が必須(前後の歯を歯周病から守るため)

多数の歯を補うには限界がある

適応可

(欠損部位や本数により不可の場合も)


  インプラント

人口歯根を埋め込むことにより、自然観を持った治療が可能

多数歯欠損でも対応ができる

ねじをはずすことによって、メンテナンスが可能

外科的な手術が必要

顎の骨の形態によって、施術不可の場合もある

費用がかかる

適応不可

医院案内

・JR横浜線 新横浜駅 徒歩5分
・横浜市営地下鉄 新横浜駅徒歩2分
港北区セントラル歯科マップ
横浜市港北区新横浜2-4-15 太田興産ビル新横浜B1
TEL:045-471-0648

診療時間

日祝

受付 10:00~12:30/15:00~18:00
(土曜日 ~17:30)

リンク集