ドックベストセメント治療

ドックベストセメント治療

最近、歯を削らない治療としても注目を集めているドックベストセメント治療とは、歯を削ることで起こるリスクを最小限にとどめることのできる治療法です。
ドックベストセメントとはアメリカで開発された銅を含むセメントで、この銅の殺菌力を利用し虫歯の原因菌にアプローチ致します。

歯を削るリスクって?

歯を削るリスクとはどんなことか、みなさんはお考えになったことがございますか?
健康を取り戻すために行う歯科治療ですが、削ることによる歯へのダメージがあります。それは治療の繰り返しにより歯の健康寿命を短くし、ひいては抜歯に至るという事です。
いままでの歯科治療では、虫歯を早期に発見し、小さいうちに削って治療するのが一般的でした。しかし削った歯は元には戻りませんし、詰め物と歯の隙間から再度虫歯になる場合もあります。
ドックベストでは小さい虫歯は削らずに治療できます。

従来の治療とドックベストセメント治療の違いは?

従来の虫歯治療では虫歯が大きいとたくさん歯を削り、歯の神経を取らざるを得ない場合が多々ありました。
しかし実際は神経だけでなく血管も取るため、栄養供給が無くなり歯がもろくなってしまいます。
その点ドックベストセメント治療は歯に対する干渉を最小限に出来るため、神経を取らずに治療が可能となり、結果的に歯の寿命の延命につながると注目されている治療方法です。

ドックベストセメント治療のメリットとデメリット

メリット

・歯を必要以上に削らず治療できる。場合によっては全く削らずに治療できる。

・虫歯を全部とると神経を取るケースでも取らずに治療できることがある。

・歯の神経を取る治療を行うと、治療回数がかかるが、この治療法は神経を残すため治療回数を減らせる。

デメリット

・歯の状態によって治療の成功率に影響がある。

ドックベストセメント治療を行ったからといって、必ず神経を取らないというわけではありません。
虫歯の状態によってはこの治療方法が有効でない場合もあります。
また、治療をしても痛みが出してしまい、歯の神経を取らなくてはいけなくなるケースもあります。
ただ、その点においてはドックベストセメント治療に限らず、他の治療も同じです。

・虫歯菌は完全に除去できない。

ドックベストセメント治療は虫歯を完全に除去するのではなく、取り除く必要がある虫歯を取り除き、残した虫歯は無菌化し埋める治療です。
埋めた虫歯は無菌化できますが、別の場所から虫歯になってしまう可能性はあります。
お口の中の虫歯菌をゼロにすることはできませんから、治療後は歯磨きを丁寧に行いましょう。

・痛みがひどい場合は治療出来ない。

ドックベストセメント治療は虫歯がひどい場合や痛みがひどい場合、虫歯が既に神経に達してしまっている場合には行えません。
そのようなケースでは神経を取る治療を受ける必要があります。

当院では、診療室全体のクリーン化をはかり、ドックベストセメントと除菌水の併用によるドックベストセメント治療をおこなっております。まずはご相談ください。

医院案内

・JR横浜線 新横浜駅 徒歩5分
・横浜市営地下鉄 新横浜駅徒歩2分
港北区セントラル歯科マップ
横浜市港北区新横浜2-4-15 太田興産ビル新横浜B1
TEL:045-471-0648

診療時間

日祝

受付 10:00~12:30/15:00~18:00
(土曜日 ~17:30)

リンク集