メンテナンスはなぜ必要?

歯科医院での「治療」が無事終わりました。お疲れ様です。

これで歯科医院にはしばらくお越しになりませんか?

mente

答えは、Bさんです
歯の表面には、「バイオフィルム」という歯周病菌や虫歯菌が存在する層が作られます。

これは歯垢(プラーク)とは異なり、歯ブラシによるブラッシングだけでは、除去できないのです。

治療が完璧にされた歯でも、お口の中の細菌数を減少させないと再び、むし歯や歯周病になる確率が高くなります。
歯周病の患者さんは ガン・心筋梗塞・脳卒中 に罹患する確立も高いので要注意です!

メンテナンスではこんなことをやります

歯や歯肉の検査
治療時に把握している状態からの変化が無いかC0(初期むし歯)箇所のチェック・新たなむし歯チェック・歯肉ポケットの測定

○  PMTC(プロフェッショナル・クリーニング)
・歯肉ポケットの中に入り込んだ汚れを除去します。
手用の器具や、超音波の機械を使います
・ブラシやゴム製の専用器具を用いて、歯の表面に頑固にこびりついたバイオフィルムを除去します。
使用する機械の振動は歯を削るときの「キーン」という音とは違い、とても心地良いものです。
・  必ず、フッ素の入った専用のペーストを使います。
ペーストはその汚れ具合に応じて、粒子の荒いペーストから順番に細かい粒子のものを使います。
そして、終わった時には舌触りは「ツルツル」の状態になります。

3ヶ月の一度のメンテナンスをお薦めします

○ あまり期間が開いてしまうと、歯の汚れや歯石は頑固なものとなり、一度の来院ではとりきれないこともあります。
○日常の歯ブラシや、補助器具(デンタルフロス・歯間ブラシ)などの正しい使用法を習慣にしていただくためには、「忘れない間隔」が大切です。

ご一緒に8020をめざしましょう!

(8020とは、80歳で20本の自分の歯を維持することです)
日本では悲しいことに8005です。統計では平均5本の残存です
日本も治療大国から、予防大国へ変換する時代です。

次のご来院は「検診(メンテナンス)に来ました!」
と笑顔でのお越しを心からお待ちしています。

医院案内

・JR横浜線 新横浜駅 徒歩5分
・横浜市営地下鉄 新横浜駅徒歩2分
港北区セントラル歯科マップ
横浜市港北区新横浜2-4-15 太田興産ビル新横浜B1
TEL:045-471-0648

診療時間

日祝

受付 10:00~12:30/15:00~18:00
(土曜日 ~17:30)

リンク集